リフォームの際は相見積もりをしよう

>

納得をしたうえでリフォームをしましょう

納得したリフォームを

どんなことでもそうですが、納得しないことで物事を進めるのはとてもよくないことです。
納得をしないということは不満が出てくる第一の要素です。
しかもそれは自分だけではなく、家族全員が納得する必要があります。

自分は納得しているけど、家族は納得していないや自分は納得していないけど、家族は納得しているという状態はよくあることだと思います。
そんな時に無理やり進めても自分や家族が不満を持ち、家族全員が嫌な気持ちになってくることもあります。
リフォームをしてそうなったら嫌ですよね。

事前準備をしっかりとすることも大事ですが、是非家族全員で話し合いをして、みんなが納得をして気分よくリフォームを行ってもらいたいと思います。

納得しないで進めるとこんなことも

納得しないで進めてしまうとこのようなことも起こるので注意をしましょう。

・自己都合でのキャンセルはキャンセル料を取られることも
自己都合でのキャンセルの場合はキャンセル料を請求されるかそれまでにかかった実費を請求されることがあります。
いいですよと言って契約を交わした後は工事の準備に取り掛かります。
そのため、部品を取りそろえたりしますのでその段階でキャンセルをしてしまえば実費分を請求されることがあります。
余計に支払わないためにも慎重に進みましょう。

・よくよく思えば自分でやったほうが安い?
自分で出来る範囲のものも一緒に頼んでしまい、契約後にその部分だけをキャンセルしたいと言っても出来ないと言われる場合があります。
しかし、未着工の部分に対しては支払い義務はありませんが、損害賠償を請求される場合があります。


TOPへ戻る