プロペシアとミノキシジル|女性ホルモンの影響による薄毛は育毛剤で改善可能

女性ホルモンの影響による薄毛は育毛剤で改善可能

男の人と女の人

プロペシアとミノキシジル

頭

男性の薄毛を治す薬

プロペシアとミノキシジルは、aga治療の現場で欠かせない人気の製品です。プロペシアは、飲む育毛剤という別名もある世界初の毛生え薬です。プロペシアを服用した8割以上の薄毛患者が、発毛効果を実感しています。男性の薄毛に効果があり、病院でagaと診断された場合に処方されます。ミノキシジルもaga治療ではおなじみの発毛成分です。プロペシアは飲み薬ですが、ミノキシジルは頭皮につける外用薬に配合されています。血管を広げて詰まって血行を良くする作用があるので、血行不良が原因の薄毛が改善します。プロペシアを服用し、ミノキシジルを頭皮につけるのがaga治療の基本です。両方同時に使うことで薄毛の改善率が高くなります。

副作用

aga治療をするときになくてはならないプロペシアとミノキシジルですが、副作用のリスクがあります。プロペシアは男性ホルモンに少なからず影響を与えます。そのため、服用すると性欲減退や男性機能の低下などの症状が現れる場合があります。また、プロペシアは男性のみに効果がある薬です。女性の使用は禁止されています。ミノキシジルは痒み、頭痛、吐き気など体調面で異変が起こる場合があります。濃度が濃いほどリスクが高くなるので、最初は低濃度から使い始めるのがお勧めです。もしも副作用が現われたら使用を控えることが大切です。ほとんどの場合、使用を控えればもとに戻ります。無理をして使い続けると体調や頭皮にマイナスになる可能性があります。